眼鏡店マップ > メガネに関する記事・ブログ

 fumi

おすすめの眼鏡店活用方法

おすすめの眼鏡店活用方法

昔ながらの眼鏡店と量産店
現在眼鏡店は主に方向性が2つに分かれています。
1つは昔からある眼鏡店で、1つ数万円するものです。丁寧な接客で眼鏡のかけ心地や度数の検査などをしてもらいます。
もうひとつは量産店の眼鏡店です。1つ5000円以内で、レンズ込の新しい眼鏡を買うこともできます。接客は流れ作業のような感じです。

昔ながらの眼鏡店のいいところ
昔ながらの眼鏡店はやはり一人ひとり接客が丁寧にしてもらえます。デザインの提案やおすすめなどの話を聞きながら、自分でかけたいものを選んでいきます。またフレームの数も豊富です。有名ブランドのフレームも豊富に取り揃えていることから、自分の好きなブランドが見つかることもあります。

量産店の眼鏡店のいいところ
量産店の眼鏡店は、基本的には接客はないところが多いです。自分で好きなフレームを選んで、窓口に持っていくとそのまま視力検査をして眼鏡を作ることになります。そしてとにかく値段は安くなります。
以前は視力が悪い人ですと薄型レンズを作るためプラス加算があるところもありましたが、それがなくなって視力がわるい人でも安価で作ることできるようなところもあります。
定期的なメンテナンス
眼鏡店によっては、レンズの汚れを専用の機械を使ってきれいにしたり、フレームのねじがゆるくなってきたのをきつくしたり、無料でメンテナンスしてもらうことができます。
また、かけている間にゆがんだフレームもまっすぐにある程度調整してもらえることもあります。無料ですので遠慮してしまいますが、長い間眼鏡を使い続けるためにもいいことですので、定期的なメンテナンスはおすすめします。
変わる眼鏡店
以前は眼鏡は視力が悪い人の矯正のためのレンズで、あまりデザイン性は豊富ではありませんでした。
しかしながら、量産店の眼鏡店ができたことによって、より眼鏡をおしゃれに使うことが増長されていきました。視力がわるくなくてもおしゃれのために眼鏡をかける人もいます。
以前でしたら1つ数万円の世界でしたが、数千円で終わることから、自分の気分や洋服の様子で眼鏡を選ぶ人も増えてきています。
質より数があったほうが気分転換できて、おしゃれもしやすいという考えです。
一方1つの眼鏡を大切にして長く使いたいという人もいて、高くても丈夫で使い心地の良いタイプを選びたい人もいます。眼鏡を使いたい目的は多様化していて、コンタクトを併用したりなど使い方も個人差があります。
自分の目的とは何かをよく考えて、眼鏡を新調していくのもよいです。

地域や最寄り駅、店舗名などのキーワードで眼鏡屋を検索

北海道・東北
関東地方
中部・北陸
東海地方
近畿地方
中国地方
四国地方
九州・沖縄

メガネに関する記事・ブログ

メガネに関する記事や、店舗を実際に利用した体験談、お店の特長など、眼鏡についての投稿を募集しております。
会員登録等は一切不要で、どなたでもご自由に投稿ができます。
投稿はこちら