眼鏡店マップ > メガネに関する記事・ブログ

 pink egg cream

お気に入りの読書用メガネ

お気に入りの読書用メガネ

ずっと視力だけはよくてメガネやコンタクトのお世話になったことはなく、サングラスや伊達メガネを買ったことがあるぐらいでした。

学生の頃などは授業が始まるとメガネをかける同級生がなんだかできる人みたいに思えて羨ましかったこともあります。「目が痛い」とか言ってコンタクトを外して入れなおしている姿が妙に格好よく思えたりもしました。「あんまり勉強しなかったから視力が良いんじゃない?」なんて言う人もいますが、この前同年代のお医者さんがずっと視力1.5だとおっしゃっていて妙に嬉しかったです。

視力が良いと早く老眼になるといわれていますが、本当に数年前から近くが見づらくなってきて、読書などすると目が異様に疲れるようになってしまいました。目医者さんで相談したら「目のピントが合わせづらくなってきているので、読書用のメガネを使用した方が良いですね。」と言われました。「それって老眼ってことですか?」と聞いたら「まあ、そういうことです」と。老眼って響きがちょっとショックでした。自分から聞いたんですけどね…。

目医者さんは「100円ショップとかの安いので十分ですよ。」とおっしゃっていたのですが、一時は憧れてさえいたメガネ、せっかくなので1000円ぐらいするお洒落なのを雑貨屋さんで買いました。(それでも安いですが…)
でも、かけたり外したりが激しいせいなのか、すぐに壊れてしまったのです。その後も鞄の中に入れておく用やベッドサイドに置く用とか複数あった方が便利かと思い、3個いくらとかのも買ったのですがやっぱり壊れてしまったり、テンプルの花柄が可愛いと思って買ったのは塗装が全部はがれてしまったり…
最悪だったのは、読みかけの新聞と一緒に床に置いておいて自分で踏んでしまった時でした。わたしだけかもしれませんが、なんか雑に扱ってしまうのですよね。

「安物買いの銭失い」という言葉が浮かび、前にプレゼントされたJINSのパソコン用のブルーライトカットメガネがすごく使いやすいので、ちょっと高いけれどJINSで読書用メガネを買ってみることにしました。数千円のお値段でしたが、1年以上経った今でも新品のようです。

JINSではリーディンググラスって名前で売っていました。老眼鏡より響きが良いですね。デザインはシンプルですが種類も多く、ブルーライトをカットする機能が付いているのでスマホ用にもピッタリです。読書用メガネって鼻の頭の方にかけてレンズを下の方にして遠近両用みたいに使う人が多いのか、レンズの幅が狭くていかにもっていうデザインが多いんですよね。 でも、JINSのはフレームの種類も豊富で、今使っているのはパッと見て読書用とわからないのも気に入っています。テンプルが柔らかいので壊れにくいのかもしれません。これからも大事に使っていきます。

今回、体に身に着けるアイテムは、やはりよい品を選ばないといけないと改めて実感しました。これからはメガネライフを気軽に楽しんでいこうと思います。

地域や最寄り駅、店舗名などのキーワードで眼鏡屋を検索

北海道・東北
関東地方
中部・北陸
東海地方
近畿地方
中国地方
四国地方
九州・沖縄

メガネに関する記事・ブログ

メガネに関する記事や、店舗を実際に利用した体験談、お店の特長など、眼鏡についての投稿を募集しております。
会員登録等は一切不要で、どなたでもご自由に投稿ができます。
投稿はこちら