眼鏡店マップ > メガネに関する記事・ブログ

 折原

1day?2week? コンタクトの分類ってどうなってるの?~使用期間編~

1day?2week? コンタクトの分類ってどうなってるの?~使用期間編~
いくつかの分類ができるコンタクト

多くの人が新生活を迎える春。心機一転コンタクトデビューする方も多いですよね。

しかしいざコンタクトを選ぶ段階になると、頭を悩ませるのがコンタクトの“多様さ”です。
1day、2week……コンタクトの種類は様々。
「コンタクトってどんな種類があるの?」「何によって分けられてるの?」そんな疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、ライフスタイルにも大きくかかわってくるコンタクトの分類の1つ、「使用期間による分類」をご紹介します。

使用期間による分類
1day?2week? コンタクトの分類ってどうなってるの?~使用期間編~

使用期間による分類とは、「そのコンタクトレンズ1枚が何日間使えるのか」という観点から見た分類です。

ソフトコンタクトレンズはものにより使用期間が大きく異なります。
短いものだと1日、長いものだと使用頻度により1年~2年というものまであります。

・1日(1day)……使用期間が1日のもの。朝つけて夜に外したらそのまま捨てる。

・2週間(2week)……使用期間が2週間のもの。朝つけて夜に外したら「洗う→保存→また朝につけて……」を2週間繰り返せる。2週間経ったら捨てる。

・1ヶ月(1month)……使用期間が1ヶ月のもの。朝つけて夜に外したら「洗う→保存→また朝につけて……」を1ヶ月繰り返せる。1ヶ月経ったら捨てる。

これらは主に「使い捨てコンタクトレンズ」と呼ばれ、1日使用ならば「ワンデー」、2週間使用なら「2ウィーク」などと呼ばれています。上記は一般的な使い捨てレンズの使用期間です。
ただし、装用様式の違いによる分類では「朝につけて夜に外して洗って保存する」という使用法のコンタクト(終日装用といいます)は、使い捨てとは言わない場合もあります。

一方、1年~2年にわたり使えるレンズのことは「1年使用」「長期使用」「従来型レンズ」などと呼ばれています。

レンズ一枚当たりの値段は、使える日数が短いほど安い傾向にあります。また、1日当たりのコスパ、つまりはそのレンズを1年使ったらいくら?というのはその逆ですね。

1枚当たりの値段:1day < 2week < 1month < 従来型レンズ

1日当たりの値段:従来型レンズ < 1month < 2week < 1day

ちなみに、使い捨てのハードコンタクトレンズというものは現在ではありません。ハードは一度買えば一生使えると認識している方も多いのですが、ハードにも使用期間はあり、大体1年~3年というものが多数。ものによっては1年ということで、ソフトの従来型レンズとそう変わらないものもあるのですね。

まとめ

使用期間による分類、いかがだったでしょうか?

今回ご紹介した分類がコンタクトの分類すべてではありません。使用期間による分類のほか、今回もちょろっと登場した装用様式による分類や酸素透過性による分類など、コンタクトは様々な観点から色々な形に分類されます。
中でも、使用期間の違いはライフスタイルに大きくかかわってくるものです。

みなさんもコンタクト使用期間のことをよく理解したうえで、快適なコンタクトライフを送ってくださいね。

地域や最寄り駅、店舗名などのキーワードで眼鏡屋を検索

北海道・東北
関東地方
中部・北陸
東海地方
近畿地方
中国地方
四国地方
九州・沖縄

メガネに関する記事・ブログ

メガネに関する記事や、店舗を実際に利用した体験談、お店の特長など、眼鏡についての投稿を募集しております。
会員登録等は一切不要で、どなたでもご自由に投稿ができます。
投稿はこちら