眼鏡店マップ > メガネに関する記事・ブログ

 折原

不快感軽減! マスクをつけても曇りにくいメガネのかけ方

不快感軽減! マスクをつけても曇らないメガネのかけ方
ちょっとした工夫で曇りにくく

日常生活に欠かせないメガネ。
ここまで目を悪くしてしまった自分が悪いとはいえ、メガネ生活は不便なことも少なくないですよね。

度数が合わなくなった、どこに置いたか忘れた、割れた、壊れた……etc.中でも日常的に悩まされるのが「レンズのくもり」です。

湯気でくもったレンズ越しの白くぼやけた視界……メガネユーザーなら一度は経験があるのでは?
そのためラーメンや鍋を食べるときはメガネを外す、なんて方も。

ただ、この「くもってしまうから一時的に外す」という対策では防げないのが、「マスク着用時のレンズのくもり」。

マスクは食事のように一時のものではなく、つけた日は長時間つけているもの。
外出中、あるいは室内でマスクをつけている間メガネを外す、というのは難しいですよね。

ということで今回は、マスクをつけても曇らないメガネのかけ方をご紹介します。

やり方

方法は簡単。

① マスクを引き上げ、マスク上部が目の下すぐまでくるようにつける
② 引き上げたマスクの上から眼鏡をかける

これだけです。とっても簡単ですよね。

マスク使用時のメガネのくもりは、行き場を失った吐いた息が、鼻梁と頬との間で隙間が空いたマスク上部から出てくるから、というもの。さらにここにメガネがあるものだから、レンズにモロにかかってくもりに……ということですね。

この方法は
・マスクを引き上げて、比較的高さのない鼻の付け根に近づけることによって、鼻の高さでマスクにあいてしまう隙間を小さくし
・その上からメガネをかけることでわずかにあいた隙間をメガネで押さえる
ということで、くもりを大きく軽減できるのです。

さらにマスクは
・鼻にフィットさせやすいノーズワイヤー入りのもの
・上下に広げられるプリーツタイプ
を選ぶとなおGOOD! マスク選びにもこだわってみましょう。

まとめ

マスクをつけても曇らないメガネのかけ方、いかがでしたか?

私はよくすっぴん対策でマスクをつけており、そのため元々目の下ギリギリまでマスクを引き上げてつけ、その上にメガネをかけて……という方法を取っていました。ある日、そのメガネ+マスク姿で会った友人から「全然マスクくもらないよね」と言われ、この方法がくもり対策では有効なことに気がつきました。

最近ではマスクをつけたときのメガネのくもりを防止する専用アイテムも出ていますが、こちらはちょっとかけ方を工夫するだけ。 0円でできるくもり対策、お悩みの方はぜひ一度試されてみては?

地域や最寄り駅、店舗名などのキーワードで眼鏡屋を検索

北海道・東北
関東地方
中部・北陸
東海地方
近畿地方
中国地方
四国地方
九州・沖縄

メガネに関する記事・ブログ

メガネに関する記事や、店舗を実際に利用した体験談、お店の特長など、眼鏡についての投稿を募集しております。
会員登録等は一切不要で、どなたでもご自由に投稿ができます。
投稿はこちら