眼鏡店マップ > メガネに関する記事・ブログ

 折原

PCメガネってなに? PCメガネの効果を説明

PCメガネってなに? PCメガネの効果を説明

現代人の生活とはきっても切り離せない“ディスプレイ”。
スマホにPC、テレビなんかもそうですね。
それらは便利である一方、慢性的な目の疲れの一因になることも……。
目が疲れる、だけど仕事上画面を見ないわけにもいかない。

こんな状況で役に立つのが「PCメガネ」です。

スマホやPCなど、各種ディスプレイからは目や身体に影響を与える“ブルーライト”という光が発せられています。
PCメガネは簡単に説明すると、このブルーライトをカットすることで目や身体への負担を削減することができるメガネのことです。

今回は、そんなPCメガネを詳しく紹介。
「ブルーライトってなに?」「気になってるんだけど、PCメガネって本当に目に良いの?」という方は、ぜひ読んでみてくださいね。

そもそも、ブルーライトって?

ブルーライトとは、人が見える光の中で最も強いエネルギーを持った光のことです。
人の目は外側(外界側)から角膜、水晶体、網膜という部位がありますが、このブルーライトは角膜、水晶体を通過し、網膜まで到達します。

その影響は
・網膜、角膜への影響
・光の強さゆえ目は瞳孔を縮めようと筋肉を使う→目の疲れ、首や肩のコリ
・明るさゆえ体が「朝だ」と勘違い→睡眠、生活リズムへの影響
など、非常に幅広いものがあります。

そして、この光は私たちの身近なスマホやPC、液晶テレビなどから発せられているのです。
そのため、目や身体への影響もなおさら懸念されているのですね。

PCメガネって?

このように、目や身体に多大な影響を与えかねないブルーライト。
このブルーライトをカットしてくれるのが、PCメガネです。

PCメガネには主に「反射タイプ」「吸収タイプ」の2種類があり、どちらもレンズはブラン~黄みを帯びていることが多数。そのため、使用した際の視界も若干黄色がかって見えることになります。

また、PCメガネは「使用すればブルーライトを100%カットできる」というものではありません。
商品によってカット率は異なり、大体30%~60%というのものが多くなっています。
また、カット率が高くなるにつれレンズの色は濃くなる傾向にありますので、「求めるカット率」と「使用していて違和感がない程度のレンズの色」との兼ね合いを考える必要があります。

まとめ

PCメガネとそれがカットしてくれるブルーライトについてご説明しましたが、いかがでしたか?
「レンズの色は通常のメガネと変わらずクリアだと思ってた」
「100%カットしてくれるものかと……」
なんて方は、少し意外な部分もあったかもしれません。

ディスプレイを見る時間が長ければ長いほどおすすめなPCメガネ。
取り入れた際にはPCメガネの使用時間も長くなるかと思いますので、使っていてストレスにならない、自分に合ったPCメガネを選んでくださいね。

地域や最寄り駅、店舗名などのキーワードで眼鏡屋を検索

北海道・東北
関東地方
中部・北陸
東海地方
近畿地方
中国地方
四国地方
九州・沖縄

メガネに関する記事・ブログ

メガネに関する記事や、店舗を実際に利用した体験談、お店の特長など、眼鏡についての投稿を募集しております。
会員登録等は一切不要で、どなたでもご自由に投稿ができます。
投稿はこちら