眼鏡店マップ > メガネに関する記事・ブログ

 あやと

もう迷わない!似合う眼鏡はフェイスラインで選ぶのがコツ

もう迷わない!似合う眼鏡はフェイスラインで選ぶのがコツ

眼鏡は視力を矯正するだけではなく、ファッションアイテムとして利用することができます。眼鏡を購入する時に悩むポイントとして、自分にあったフレームをなかなか見つけられないことがあります。けれど眼鏡選びは自分のフェイスラインを把握することで簡単にすることが可能です。

似合う眼鏡フレームはフェイスラインとの比率が重要なポイントとなってきます。最も似合う眼鏡フレームの横幅の長さは、自分の顔の横幅の一番広い部分とほぼ同じです。なので、眼鏡を着用して顔幅にピタリとおさまるものを選ぶのがコツになってきます。<
br /> 自分のフェイスラインを観察し丸顔だという人は、眼鏡フレームの上下の幅が短いスクエアタイプがおすすめです。スクエアタイプの眼鏡フレームはシャープなラインが特徴的なので、丸顔の人が着用するとフェイスラインをスッキリと見せる効果があります。さらにメガネレンズの上の方だけにリムがあるハーフリムも似合いやすいので、検討してみましょう。

アゴがシャープで三角形のようなフェイスラインの人は、細めのオーバルタイプの眼鏡フレームが最適です。三角顔タイプはきつめな印象を与えることが多いですが、丸みのある眼鏡フレームを選ぶことで印象を和らげることができます。これに加えて、眼鏡フレームが逆三角形のボストンタイプとの相性も良いです。

顔が四角い人もオーバルタイプの眼鏡フレームがおすすめですが、存在感のある太めのものを選ぶのがポイントになってきます。四角顔タイプの人は似合う眼鏡が多いですが、中でも丸型を強調するメガネフレームを選ぶことで、優しい印象に仕上げることができます。眼鏡のリムが少ないハーフリムやリムレスも馴染みが良いのが四角顔タイプの特徴です。

顔が縦長だという人は、眼鏡フレームの上下の幅が広いウェリントンタイプがおすすめです。自然に面長をカバーできるので、小顔効果も得られやすいのがメリットです。眼鏡の両サイドがアップしているフォックスタイプも、面長な人なら綺麗にかけることができます。その反面、ハーフリムは縦のラインを強調することになるので避けるようにしましょう。

眼鏡を選ぶ時はフェイスラインにあわせることが重要ですが、それと同時に眼鏡レンズの中央に黒目がくるようにすることも大切です。黒目がレンズの上の方にくると幼く頼りない印象になり、逆に下のほうに来ると違和感を与えてしまいます。さらにレンズが大きすぎると寄り目に見えたり、小さすぎると離れ目に感じるので、必ず着用して黒目の位置をチェックしましょう。

地域や最寄り駅、店舗名などのキーワードで眼鏡屋を検索

北海道・東北
関東地方
中部・北陸
東海地方
近畿地方
中国地方
四国地方
九州・沖縄

メガネに関する記事・ブログ

メガネに関する記事や、店舗を実際に利用した体験談、お店の特長など、眼鏡についての投稿を募集しております。
会員登録等は一切不要で、どなたでもご自由に投稿ができます。
投稿はこちら