眼鏡店マップ > メガネに関する記事・ブログ

 あやと

コツを伝授!自分にあった眼鏡の簡単な選び方

コツを伝授!自分にあった眼鏡の簡単な選び方

眼鏡を買おうとお店に行ったもののフレームの種類が多すぎて、どれを選んだらいいか悩んでしまうことはありませんか。また、せっかく買った眼鏡なのに、似合わないと言われてしまうという体験がある人も少なくありません。
このような悩みは、自分の顔の形をチェックすることで、簡単に解決することができます。

眼鏡にサイズは顔の大きさにあわせる

眼鏡にフレームを選ぶ時は、フレームの横幅と顔の幅が同じものを選ぶのがポイントです。幅が短すぎるフレームと選ぶと顔が大きく見えたり、逆にフレームの幅が大きいものを選ぶと目が寄って見えてしまうので気を付けましょう。
眼鏡フレームの縦幅は、まゆげからアゴの幅の3分の1が目安になります。この大きさのフレームを選ぶことで、眼鏡の存在感が極端に大きくなりすぎず、自然です。

フレームの色の選び方

眼鏡のフレームの色は、肌色や髪色にあわせて選ぶと違和感が少なくなります。仕事用の眼鏡を選ぶ時は、スーツや作業着の色にあわせるのも1つの方法です。眼鏡をあまり目立たせたくないという人は、フチなしタイプのものを選ぶのがおすすめです。反対に、眼鏡をファッションの一部として目立たせたいという人は、普段着ている服装をイメージして選ぶようにしてみましょう。

顔の形によって、似合うフレームが変わってくる

一言で眼鏡と言っても、さまざまなフレームのタイプがあり、どれを選ぶかによって印象が大きく変わってきます。自分にピッタリの眼鏡を選ぶためには、顔の形にあわせることが非常に重要です。

丸顔さんはスクエアタイプがおすすめ

顔の形が円形に近いという人は、レンズの形が四角っぽいスクエアタイプを選ぶようにしてみましょう。直線的なフレームのラインが顔の曲線をカバーして、キリリとした知的な印象を与えることができます。

面長さんは縦幅のあるフレームが最適

顔が縦に長い面長さんは眼鏡フレームも縦に幅広いものを選ぶことで顔全体とのバランスがとりやすくなるので、ウェリントンやボストン型を選ぶようにしてみましょう。フレームの上部がつりあがったフォックス型も、面長さんに似合う眼鏡フレームです。

四角顔さんは丸みのあるフレームを選ぼう

直線的な輪郭が印象的な四角顔さんは、丸みのあるオーバル型やボストン型を選ぶことで、柔らかいイメージにすることができます。エラが気になるという人も、オーバル型を選ぶことで自然にカバーが可能です。
自分にあった眼鏡を選ぶには、眼鏡を実際にかけてみることも大切です。ピッタリの眼鏡を見つければ眼鏡ライフが充実するので、楽しみながら選びたいですね。

地域や最寄り駅、店舗名などのキーワードで眼鏡屋を検索

北海道・東北
関東地方
中部・北陸
東海地方
近畿地方
中国地方
四国地方
九州・沖縄

メガネに関する記事・ブログ

メガネに関する記事や、店舗を実際に利用した体験談、お店の特長など、眼鏡についての投稿を募集しております。
会員登録等は一切不要で、どなたでもご自由に投稿ができます。
投稿はこちら