眼鏡店マップ > メガネに関する記事・ブログ

 mochako

メガネ店に長年勤める、私がご案内するメガネのお手入れ方法

メガネ店に長年勤める、私がご案内するメガネのお手入れ方法

皆さんは突然ですが大切なメガネのお手入れってどうしていますか?

私も長年、メガネ店に勤務していると様々なお客様のメガネを拝見しますが、綺麗に大切に使っているなぁと感じるメガネもあればそうでない物も様々です。今回はそんなメガネのお手入れについてご案内していきます。

流水でメガネ表面の埃を洗い流します。
埃が付いたままメガネを拭いてしまうと埃が研磨剤の役割となりキズの原因となります。その為、流水でしっかり洗い流しましょう。

注意点として水で洗うという事です。お湯で流した方が綺麗になりそうなイメージもありますが、お湯で洗うとレンズを傷めてしまうとの必ず水で洗いましょう。

中性洗剤で洗う。
中性洗剤も原液のままレンズに付けると刺激が強い為、桶などに水を張り数滴、中性洗剤を入れ桶の中で洗います。
メガネの汚れは汗と混ざった皮脂や指紋などの油汚れが原因の多くですので、油汚れを分解する台所用洗剤に使われる中性洗剤が一番良いのです。
石鹸を使う方も中にはいますが、石鹸はアルカリ性でレンズ表面のコーティングを傷めてしまうので必ず中性洗剤を使いましょう。

再度メガネを流水ですすぐ
中性洗剤が残ったままになると雑菌の繁殖の原因となりますので、十分すぎるくらいメガネを流水ですすぎましょう。

すすいだメガネをティッシュで拭く
メガネに付いた、すすぎ水をティッシュで拭きあげます。
注意点としては、ティッシュで拭く際はレンズを決して擦らないように、レンズを挟んだり押さたりするようにして水気をとります。
ティッシュで擦ってしまうとティッシュの素材でキズが入ってしまう事があります。

メガネ拭きで綺麗に拭きあげる。
メガネを購入した際に付属しているメガネ拭きや、個別で購入されたメガネ拭きで綺麗に拭きあげます。
メガネ拭きの場合は基本、擦るような拭き方をされても大丈夫なように作られていますが、以下の場合は注意してください。

・メガネ拭きが汚れている。
・レンズ表面のコーティングが剥がれている。
・レンズ表面にキズがある。

メガネ拭きが汚れていると汚れがメガネに移ってしまい、中々綺麗にならない場合があります。またメガネ拭きにゴミが付いたまま擦ってしまうとキズの原因となります。
レンズ表面にキズがあると、強く擦る事でキズを境にコーティングが剥がれてしまいますしコーティングが剥がれている場合も同様です。

メガネ拭きが汚れている場合は他に洗濯物と一緒に洗う事も出来るので洗ったり、新しいものと交換しましょう。

メガネのお手入れをしないとどうなるの?

メガネのお手入れをしないと、汚れてしまう、雑菌が増えるなどがありますがその他にはメガネの破損に繋がります。
メガネにはデザインの違いはありますが金属パーツを使っています。金属は汗の塩分により錆びが生じ金属を傷めてしまいます。
また汗や整髪料で変色を起こしたりもします。

その為、お手入れをせず汗が残ったままになると次第にメガネを劣化させ破損の原因となります。私もメガネ店に勤務していて「なんだか、壊れそうだなぁ」と感じるメガネが大抵、汚れているメガネが多く特に汗と埃が混じり、黒く変色した汚れの固まりが付いていたりなんかすると「ひぇー!!!」と恐る恐る洗う事もあります。

メガネのお手入れは便利なメガネクリーナーもありますし、お店にお願いすれば超音波洗浄機という機械で洗う事もできるので利用してみてはいかがでしょうか。

大切な視力を守るメガネですので綺麗に使いたいものですよね。参考になれば幸いです。

地域や最寄り駅、店舗名などのキーワードで眼鏡屋を検索

北海道・東北
関東地方
中部・北陸
東海地方
近畿地方
中国地方
四国地方
九州・沖縄

メガネに関する記事・ブログ

メガネに関する記事や、店舗を実際に利用した体験談、お店の特長など、眼鏡についての投稿を募集しております。
会員登録等は一切不要で、どなたでもご自由に投稿ができます。
投稿はこちら