メダリスト プレミア マルチフォーカル コンタクトレンズ 2week 2,588

メダリスト プレミア マルチフォーカル コンタクトレンズ 2week

50代の私でも快適な毎日が送れるコンタクトレンズ
老眼がはじまったことによる不満

やや強めの近視があり、コンタクトレンズを装用していた私ですが、40代半ばからコンタクトレンズを使用したままでは、日常生活に支障をきたすほど、近くが見えにくくなってきました。特に辛いのは、仕事中です。看護師をしているのですが、注射の針先や、患者さんの血管がまったく見えません。困り果てて、眼科で相談し、コンタクトレンズの度数を下げたり、左右の度数に差をつけたり、老眼鏡を使用したりしましたが、どれも満足できるものではありませんでした。

遠近両用コンタクト、一番よかったレンズは?

そんな折、遠近両用コンタクトレンズを勧められ、試してみることにしました。いろいろなメーカーのものを試してみたのですが、一番しっくりきたのがこの「メダリストプレミアマルチフォーカル」です。次世代素材「シリコーンハイドロゲル」採用しており、酸素を通しやすいというこのレンズ、装用した際の違和感もなく、遠くも近くもくっきり見えます。
もちろん、若い頃と同じようにというわけにはいきませんが、少なくとも仕事には差し支えない程度の視力が確保できます。形もわかりやすく、薄いブルーの色がついていることで、忙しい朝でも、速やかに装用することが可能です。

唯一の欠点、お値段が高めなこと

唯一の欠点は、普通のレンズに比べて、お値段が高めであるということ。悩んだ挙句、ネットで調べてみると、かなりお手軽な価格で販売されていることがわかりました。
ネットで購入するなんて、大丈夫なのかなと不安に感じ、眼科で相談したところ、「定期的に眼科で眼の状態を診てもらうのなら、かまわない」と言われたため、一安心。
早速購入しました。

同窓会でうらやましがられたことも

その後、ずっと使い続けています。
同窓会で、食事のメニューを見る際に、他のみんなが目を細めてメニューを遠ざけたり、老眼鏡を取り出したりするのをしり目に、代わりに読んであげた際には
「どうして見えるの?」と質問攻めにあい、うらやましがられたことも。
老眼を忘れられるって、本当に快適です。悩んでいる方は、とにかく一度試してみられることをおススメします。

  • 2016年11月14日
  • ひまわり
  • アイテム
  • コンタクトレンズ
  • ボシュロム

コメントをする

メールアドレスが公開されることはありません。


コメントは管理者が確認後に掲載します。内容により掲載されない場合もございますので、予めご了承ください。

ブランドや商品名などのキーワードで検索

北海道・東北
関東地方
中部・北陸
東海地方
近畿地方
中国地方
四国地方
九州・沖縄

掲載内容について
こちらの投稿は、実際に商品を使用したお客様の声を掲載しています。あくまでも個人の感想であり、実際の商品と内容や使用感など異なる場合もございますので、予めご了承ください。
また、販売価格など商品情報の変更や売切れの場合もございます。最新情報については販売サイトにてご確認下さい。